カテゴリ:陽武館


27日 9月 2020
昨日の稽古で打間に入ってから我慢し過ぎてる者がいるとの事でした。 以前も書いたと思いますが、剣道の間合いは 遠間>触刃>交刃>一足一刀>近間 となります。 資料から抜粋すると (1)「一足一刀の間合」 剣道の基本の間合で、1歩踏み込めば相手を打突できる距離であり、1歩退がれば相手の攻撃をかわすことのできる距離である。...
09日 9月 2020
昨日の稽古も暑かったですね。 今朝の天気予報を見ていたら徐々にですが暑さも落ち着いてくるそうです。 ようやくいい環境での稽古になるのでしょうか。 そんな暑苦しい環境の中、道場に心を癒してくれるお花が咲いていました。 ハーバリウムというそうです。 とても綺麗だったのでパチリ。 なかなかイイものですね。
03日 9月 2020
今年の子供たちの夏休みはあっという間に過ぎ、すでに新学期を迎えてだいぶ経ちます。 昨日から陽武館も稽古が再開しました。 暦上ではとっくに秋を迎えていますが、未だ30度超えの日々が続いています。 コロナと残暑と上手く付き合いながらの稽古は、きっと身体面や精神面を鍛えてくれるでしょう。...
05日 8月 2020
暑中稽古は3日目を迎えました。 この中での稽古は見ているだけでも暑くなってきます。 陽武館は徐々にですが、以前の様な稽古へ戻しつつあります。 指導稽古では審査を想定して、1分半、2分など、それぞれの審査会に合わせた稽古をします。 そして稽古を通じて時間を身体に覚えさせて審査に備えます。...
05日 8月 2020
8月3日から8日までの暑中稽古が始まりました。 今年は梅雨がなかなか明けなくどうなるのかと思いましたが、さすがにお天道様もしっかりしています。 例年通り猛暑続きの一週間になりそうです。 マスクとシールド着装の中での稽古になるので小まめな休憩と水分補給で、全員で乗り切れるよう頑張りましょう。
15日 7月 2020
最近は仕掛け技、応じ技など研究しています。 本日の稽古は「返し胴」 返し胴は館長の得意技でもあります。 館長に稽古を頂いた方はよくご存知かと思いますがいつも綺麗に頂いてしまいます。 館長が得意なのは重々承知しているのですが、館長の攻めを受けると面を打突したくなります。 その時にはすでに遅し。 誘い出され、見事に返されます。...
04日 7月 2020
これまで経験した事のない長期間の自粛期間の間にほとんどの剣道愛好家の皆さんは充分な稽古が出来ませんでした。 当館の先生方も一緒です。 その様な中で突然以前と同じ稽古が出来るかと言えば無理です。 今は基本に立ち返り、素振りに時間を掛けてます。 真剣に取り組めば、面を着けて稽古をするよりもキツい稽古になります。...
01日 7月 2020
約3ヶ月の自粛期間を経て、当館でも対人稽古を開始しました。 ようやくここまで来ました。 まだ予断は許されない状況にあるので、私たちも全剣連のガイドラインに沿った形での稽古となります。 特に子供たちは自己による体調管理が難しいので、私たち指導者が診てあげる事が求められます。 その様な中での稽古でしたが、やはり気持ちいい。...
13日 6月 2020
対人稽古が制限される中で当館では対人ならぬ対物稽古を実施しました。 お相手は新たに仲間に加わった彼らです。 久しぶりに剣道具を叩いた感じはとても気持ち良さそうでした。 やはり直接叩かないといけませんね。 三部は剣道形六本目をやりました。 この期間は一本、一本を細かく時間をかけて稽古します。...
10日 6月 2020
本日は全剣連推奨の面マスクを着用して稽古をしました。 感想は通常のマスクより呼吸が楽との事でした。 確かに呼吸の乱れが少なかったように感じます。 これならもっと厳しい稽古が出来ると子供たちに問いかけたら顔が凍りついてました笑笑 三部の稽古は5本目を重点的に行いました。 5本目の仕太刀の途中からですが解説書によると...

さらに表示する